四街道居合道部について


四街道支部は、昭和50年四街道剣友会の内部で数名の有志が市立中央小体育館で剣道の稽古後居合道を始めたのが始まりで、昭和51年8月、故江尻義宗氏(初代四街道支部長)と故福永優氏(第2代四街道支部長)の二人が発起人となり、会員数6名で居合道同好会が発足しました。 

昭和52年1月には、当時四街道剣友会々長で四街道市体育協会々長でもあった故浜田嘉一氏のご助言により体育協会次期会長の花島敬一郎氏のご指導を得て、四街道市体育協会内の独立した専門部(正式名称:四街道剣友会居合道部)として登録し、同年、四街道市武道館が中央公園内に新設されたのを機会に、定例の稽古日及び稽古場所を確保するに至りました。

翌53年5月、千葉県剣道連盟居合道部四街道支部として正式登録し、部則を定め、役員を配置し、故志道吉次千葉県剣道連盟居合道部長、故中村史郎千葉県剣道連盟居合道部理事長、故浜田嘉一四街道市体育協会会長のご尽力のもと発足いたしました。

四街道居合道部略史


昭和51年8月 創立

昭和52年1月 結成(四街道剣友会居合道部。

四街道市体育協会登録加盟)

昭和53年5月 登録(千葉県剣道連盟居合道部四街道支部)

昭和63年6月 団体表彰(千葉県剣道連盟より功労表彰)

平成 4年6月 創立15周年記念大会(於:千葉盲学校体育館)

平成12年7月 四街道市制20周年、創立23周年記念

市民居合道演武大会(於:四街道市総合公園体育館)

平成12年9月 団体表彰(千葉県剣道連盟居合道部より功労表彰)

平成25年10月 創立40周年記念大会(於:四街道市文化センター)